家具類を思い切って変えてしまうこと

引越しをするときには、大きな家財道具をチェックしてみて、今後も長期間使うかどうか良く考えてみるのです。そして、処分しても良いかもしれないと思える物は全てリサイクルショップに持っていき、価格を聞いてみることだと思います。

メイン6-13_R
わざわざリサイクルショップまで移動したのなら、少ない金額を提示されたとしても、処分してしまう方が良いと思います。本棚やタンスなど、次に生活をするときに使うような家財道具だったとしても、引越し先で購入すれば良いので、思い切って売ってしまうべきだと思います。

引越し費用は、重い荷物がいくつも増えることにより、高くなってしまいます。なので早めに処分して引越し費用を安く済ませ、落ち着いて生活を始めてから、新たな家具類を調達するようにしていけば、新しい生活も楽しくなってくるのではないかと思います。

私の場合は、整理ダンスを引越しの時に処分したのです。そして、とりあえずはダンボールの中に衣類を収納した状態で生活していたのですが、それが不便に感じるようになり、デザイナーズ家具をいくつか見ていて良さそうな物を購入しました。

そのように、これまでとは一風変わったカッコいい家具が家の中に増えていくので楽しくなります。

合わせて読みたい記事

コメントを残す