引越しを手伝うことも少なくなった

74258663d6c89153c1caaf8734bc52ae_s (1)

引越しといえば昔は親族総出で、会社の同僚や上司、部下まで協力してもらったということもあったようです。そういった協力してもらった人たちに振舞った引越しそばという言葉もありましたが、現在ではすっかり引越しそばの出番もないように思います。おそらく今は引越し業が大手から小さなところまで便利なサービスを提供しているということもあってほとんどがそういう業者を利用した引越しになっているからではないでしょうか。実際に家族はともかくとして、会社の人や友人にまで手伝ってもらうというのはちょっと負担が大きいように思います。何かと気を使いますし、それなら業者に任せたほうがいいというのが現在のスタイルだと思います。引越し業者もたくさんあって、料金も見積もりで安いところから選ぶこともできます。安心や安全をとってしっかりとした業者を選ぶというのもありだと思います。大切な物がなくなったり破損したりすると泣くに泣けないのでそういう意味でも保険がかけられる業者の引越しというのはメリットがあると感じます。しかし、知人や友人の引越しを手伝うというのもちょっとしたボランティア的でもあって、思い出もにもなってそういういい面もあると感じます。珍しく親類の引越しを手伝ってそう思いました。

合わせて読みたい記事

コメントを残す