大事な物は一カ所にまとめて。

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s

引っ越しはどうしてもバタバタするものです。普段の生活とはまったく違うことの連続ですからちょっとしたミスが出てきます。たとえば、大事な物をどこに置いたか分からなくなってしまうことや、ちょっとした忘れ物には特に気をつけたいです。
単身パック 長距離 最安値っていくらぐらい?
引っ越し作業をしていると同時に二つ三つのことをこなす必要が出てくるので注意が散漫になってしまうのです。普段注意深く作業を進める私も、引っ越し作業となると大事な物をどこにやったのかさっぱり分からなくなります。

大事な物だからと自分の近くに置いていても、それでもどこに置いたか忘れてしまうのだからこれはもうどうしようもありません。引っ越し作業をするときは大事な物は一カ所に集めておくのが正解です。印鑑はここで、書類はここで、お金はここ・・・なんてやっていたら記憶がごちゃごちゃに混ざってしまいます。
e376194eb13307b41d259c1787953a21_s
細々した大事な物はすべて一カ所に集めて家族にもそれを伝えておくと良いです。自分だけが置き場を理解していてもダメなんです。家族がいるなら家族全員に大事な物が置いてある場所をきちんと伝えましょう。

こういう小さなことからきちんとしていないと引っ越しは手間取るばかり・・・。本当に引っ越しって大変です。

電気やガスや水道の手続きを早めにする

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

引越しをするときに基本となるのは、現在使用してるサービスを止める作業です。梱包作業に追われて手続きが遅れてしまうと、引越をした翌月にも料金が請求されてしまう可能性があります。
34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s
特に延期やガスなどの固定料金に関しては、引越し先が決まった段階ですぐに手続きをすれば間に合うはずです。電力会社などは、引越し先も同じ会社を使う可能性が高いので、使用停止と使用開始の手続きが同時に出来る可能性もあります。

ただ、ガスに関しては元栓を閉める作業と、改善作業を担当者が行う必要があるので、引越しの当日に時間を合わせてガス会社の担当者に来てもらう必要があります。

このような段取りをしっかりとやっていけば、引越し当日から電気やガスなど生活に必要な全てが使える状態となっているはずです。

引越しをするときには忘れる物がいくつも出てくる可能性が高いので、紙にリストを書いていくようにします。引越しの前日までに終わらした方が良い物と、当日にやるべき段取り、そして引越し後にやっておくべき手続きを全て書いておけば忘れずに作業できます。

特に忘れがちになるのが、市役所での住所変更の手続きです。転出届けなどは引越し予定日から二週間前から可能になります。

引越しに多くの費用がかかってしまうときには

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

引越し料金の節約にはこちらもチェックしてみよう→ワンルームパック

引越し業者に見積もりを出してもらうときには、相見積もりという考え方が有効です。これは複数の引越し業者に見積書を出してもらい、その数字を元に更に値下げすることができるかどうか問い合わせる作業です。
5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s
引越し業者も、30万円以上などの大きな金額の引越しとなると、値下げしないで他の業者に取られてしまうのは問題と考えているので、規定の引越し費用があったとしても、見積もり書の中身を少し変えて安くしてもらえる可能性が高くなります。

引越しは多くの時間が必要となるか、もしくは引越し業者に多くの費用を請求される状況となります。どちらを選択するかは自由なので出来るだけ手間のかからない対策を考えていく事が重要になります。

非常に引越しの見積もり費用が高い場合には、コストを安くする為に多くの業者から見積もりを取って比較していく事が重要となります。ネットの引越見積もりサイトをチェックしていくと、自分の住んでる地域で引越しの依頼を受けることができる業者が非常に多い事が分かります。

このあたりの情報をチェックしていけば、より低コストに引越しを依頼していくことが可能となります。ただ料金だけを見て選ぶのではなく、様々なサービス内容を比較することが大事になります。

引越しの際に大型テレビは手間がかかる

7e216cbaec5c823ecfcfc6f200d2d3a0_s

7e216cbaec5c823ecfcfc6f200d2d3a0_s

大型テレビを移動する時には、購入した際の箱に綺麗に梱包することが有効な方法となります。テレビは形がアンバランスなため、トラックに積みこんだ状態ではしっかりと梱包しないと破損の原因となってしまいます。

多くの場合、発泡酒ロールなどの梱包材がないときには毛布で液晶画面を来るんでロープで縛るような対策をします。そして、トラックにおいても振動で液晶画面が破損しないようにするためにもトラックの内部にしっかりと固定する必要があります。

このような手間のかかる作業となってしまうので、大型の家電製品を購入したときには、梱包している箱を捨てずに置いておく事が重要になります。

引越しの際には単身パックなどで一定のサイズ内におさめる事が重要になってきますが、その時にも液晶テレビは破損しないように梱包しながらスペースに入れていく作業は結構難しくなります。

また、コタツやテーブルなどは解体すると非常に移動がしやすいので、テレビなどと接触して傷がつかない鬼する為にロープできっちり縛って接触しないように気をつける対策も必要となります。

このような梱包の作業をする時間がかなりかかってしまうので、引越し当日までにこのような作業を終わらしておくことが重要となります。

ホームセンターにある梱包材で最も便利だったのは

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s

最近はホームセンターの品揃えも充実し、特に梱包に便利なありとあらゆるアイテムが揃えられる様になったのは本当に嬉しいものですよね。

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s
これまでどこを探しても無かった発泡スチロール製の緩衝材やプチプチシート、更には厚手のダンボール箱各サイズまでもラインナップされていて、引越しの荷作りには大変重宝します。
前回の引越しの際にも私はホームセンターで売られている梱包アイテムに大変お世話になりました。その中でも便利だったのは意外にもプチプチシート。これまで割れものの梱包や緩衝材をして古新聞やチラシをよく利用していたのですが、しっかり包みダンボール箱を満たそうとすると箱自体がパンパンになってしまう上、開梱後に出てくるゴミが大変多くなってしまうという弱点が・・

引越し 長距離 料金 相場は?
ですがプチプチシートを適宜切り分け利用すれば、最小限の量で必要十分な緩衝効果を発揮してくれ、ダンボール箱が膨らむ心配もありません。もちろん開梱後は不燃ゴミとして処分する事も可能なのですが、特に傷付いていないのであれば、きちんと畳んでいくらでも他の目的に再利用出来るというおまけ付き。
前回の引越しではプチプチシートを十分に買い込んでいたおかげで古新聞やチラシの出番は殆ど無く、引越し前にそれら全てを資源ごみとして綺麗さっぱり処分する事が出来たのです。

引越し先の部屋のレイアウトを考えておく

%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%9b%b3%ef%bc%99

引越しをするときには、現在済んでいる部屋と引越し先の部屋のサイズを比較して、どれくらいの物が入るのか想定しておくことが大事です。
%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%9b%b3%ef%bc%99
例えば、引越し先が少しばかり部屋が小さい場合、現在家の中にある物全てが移動できない可能性もあります。部屋の中に山積み状態になって生活しにくい状況になると、引越し先を選んだ部屋のサイズが間違っている状況となります。

このような失敗をしないようにするためにも、部屋の坪数や家具を設置する場所などを最初にチェックしてレイアウトなどを決めておくことが大事になります。

梱包するときにも、段ボール箱にどころ部屋で使用する物なのかを記載しておけば、誰が移動しても間違いなくその部屋に移動してくれます。そして、余裕のあるようにレイアウトを考慮して道具をしまっていくことが重要であり、あまりにも多い場合は処分することも大事です。

引越しをする際には、ちょうど家電製品や家具などを見直すチャンスとなるので、耐久度があまりないものや、後数年使うには問題が生じる家具類に関しては、この時期に買い替える考え方が有効です。

リサイクルショップに売却できれば良いですが、年季の入った家具類などは値段が付かない可能性があるため、そのまま粗大ゴミで処分する対策となります。

引越し時には毎回あれこれ悩む。

%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%91

引越し時にどの程度まで荷造りしておくのが良いのか毎回悩みます。事前に連絡して聞いた感じだと、貴重品以外はすべて業者が荷造りしてくれるということなのですが、問い合わせ後に必ず段ボールがいくつか送られてきます。これはある程度の荷造りはやっておいて下さいということですよね?送られてきた段ボールの数を見る限り、とても貴重品だけということは無いんじゃないかと思います。
%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%91
ですので、その段ボールにある程度のものを入れて・・・と荷造りを始めるのですが、下手したらすべての荷造りが済んでしまうということもあります。かと言って段ボールが余っているのに何もしないのはどうかと思います。そんな感じでいつも葛藤しています。

当日も何もしなくて良いと言われるのですが、何もしないでボーとしているなんてことは出来ませんよね?なので小物くらいは自分でと思うのですが・・・業者的にはこれはどうなのでしょうか?かなり邪魔だったりするんでしょうか?

こんなことを引越しの度に気にしているのは私だけかも知れませんが、とにかく毎回いろいろと悩んでしまいます。引越しって案外悩むことが多いです。なのでいろいろと明確にしておいてくれると助かるのですが・・・なかなかそういった業者と巡り合うことが出来ません。

引越しが決まったら→単身パック 一括見積もり おすすめ

人生に何度もあることではないから

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

引越しをする、というのは大学に入学したときや就職したとき結婚したときなど人生のうち普通であれば数回程度だと思います。転勤族であれば違うのでしょうが、イベントごとに引っ越すことがありますのでこちらも業者をきちんと選びたいと思っています。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s
せっかくの自分の一大イベントで引越し業者が変なところだったり態度が悪かったりするとイベントが残念になってしまいますし、もう二度とあそこに頼むもんか、と思っても何回も引っ越すわけではありませんから次の機会というものがなくなってしまいます。
私は子持ちですので、できれば業者の人はタバコをすわない人がいいと思っていますがそういう要望などを聞いてくれるようなところやアンケートをとってくれているようなところがなく、実際に業者の人がきてから当たりはずれがあるパターンがあります。私自身タバコを吸いませんから、匂いがどうしても気になってしまいますし、新居にタバコを吸う人が入るというのもちょっと気になってしまいます。神経質だと思われるかもしれませんが、せっかくの引越しというイベントです。
自分がいいなぁと思う業者やまじめな人やタバコを吸わない人に当たればいいのになぁと思ってしまうのは人間だから当たり前なのではないでしょうか。
来年また引越しをする予定ですが、ちゃんとした業者をどのようにして選んだらいいのかいまだに分かっていません。

兄の引っ越し

%e6%8e%83%e9%99%a4%ef%bc%91

%e6%8e%83%e9%99%a4%ef%bc%91

兄が引っ越しするときに、母と一緒に手伝いに行きました。主に掃除と梱包を手伝いました。そうじは、お風呂場の浴槽の掃除です。クレンザーなどを使い、丁寧に磨きました。また、排水管の隠れているあたりも、ほころがたまっていたため、掃除をしました。少し気持ちが悪かったですが、しょうがありません。最後はきれいになり、気持ちがよかったです。また、ステンレスの部分には、専用の洗剤を使い、よく磨くとぴかぴかになり、兄も喜んでくれました。

次は、フローリングです。掃除機をかけ、マイペットで磨き、ワックスをかけました。ワックスはリンレイのものを使いました。1回兄が掃除をして管理人さんに見てもらったところ、こことここを直してください、と言われたようで、そこを手伝いました。梱包は、洋服をきれいにたたみ、クッション材として使いました。

また、この引っ越しのお祝いとして、家族でパキラの苗をプレゼントしました。かわいがってあげてね、というメッセージとともに贈りました。兄はすっかりそれから観葉植物が気に入り、その後自分でも買ってくるようになりました。トネリコやポトスなどです。今では小さいパキラの苗を買ってきて、職場のデスクにおいてあるそうです。

マンション 引越し 料金の節約方法!

数えきれない引っ越し

今まで何回引っ越しの経験をしただろうか。
もう数えることができないくらいの回数になってしまった。
どの引っ越しも大変であった。

525eff20c1dedfeb183fd36d632617c4_s
しかし、公営住宅から持ち家の一戸建てに引っ越ししたときは、引っ越しの仕事が特に大変だとは思わなかった。
むしろ嬉しかった。
というのも、それまで住んでいた公営住宅があまりにも古く、汚く、特に玄関には、なめくじが出たり、お風呂の壁には、みみずが這っていたり、居間には、ありや便所コオロギが出てきて、まるで小さな動物園の中にいるようだった。
また、トイレは汲み取り式で、トイレの換気扇のスイッチを間違って切ってしまったときは、隣の風呂の中で、アンモニア中毒になりそうだった。
こんな感じの古い住宅であれば、新築一戸建てでなくても引っ越しは苦にならないのではないだろうか。
念願のマイホームに住むことになっても、実際に住むのは家族だけで、自分は単身赴任。
いつになったら実際に住むことができるのかと思いながらの引っ越しだったが、気分は晴れ晴れとしていた。
そして、無事引っ越しが終わり、とりあえず一戸建てに住めるようになった私達、引っ越し後に入った風呂は、格別だった。
新天地でこれからどんな出会いが待っているのか、風呂から聞こえてきた子供達の歓声が今でも耳に残っている。